検索

塩瀬染帯をお誂え


塩瀬の染帯を誂えになるお客様が打ち合わせにいらっしゃいました。 今日は帯のモチーフとなる白山一花(ハクサンイチゲ)の図案の確認と、 地色に染める色を相談しながら決めていきます。

--------------------------------------------------------------------

※「塩瀬(しおぜ)」 平織りの絹織物。主に高級な染帯に使用される。 厚みのある生地で、染色時の柔らかな光沢としなやかな質感が特徴。 新潟県五泉地方で織られるシンプルで美しい生地。

※ 白山一花(ハクサンイチゲ) 雲上の峰に咲くキンポウゲ科の純白の花。夏山を代表する高山植物として知られており人気が高い。高山の湿り気のある草原に大きな群落をつくり、一面に美しく咲く。 ハクサンイチゲは石川県の白山で発見されたイチゲの意味。 花言葉は「幸せを招く花」

お写真はkazのおさんぽ様よりお借りしました。 http://blog.goo.ne.jp/kaz_osanpo






​© IKEUCHI YUZEN all rights reserved.​